« 大阪モーターショー見学 | トップページ | ラクジン会社説明会 »

2005年12月12日 (月)

甲南大学現代講座を受けてきました。

0020_01 【場所】 甲南大学 142講義室
【日時】 12月10日(土) PM1時半
【講師】 富野 由悠季
【演題】 「ニュータイプを継承するために」

<はじめに>
 富野監督と言えば、皆さんガンダムがすぐに頭に浮かぶでしょう。
 演題もニュータイプという言葉が使われていて
 オタクなガンダム話かな?と思われる人も居ると思いますが
 凄くためになる業界の話でした。

 作品の考え方や、仕事とは何か、アニメと映画について
 マーケットについて等、勉強になる事ばかりでした。
 その一部のお題をあげましょう。

■アニメで演出を極め、映画の世界に登りつめよう。
■覚悟が無い限りアニメーターは一般社会生活は無理なので
  親は子供を止めてください。
■大人の真剣な話の内容を子供がその時理解出来なくても
  10年後思い出し理解する。
■子供の教育は3歳までに。仕事だからと子育てをしないのはダメ。
■ガンダムのようなロボットアニメでも、立派な感動話を作れる。
■世界観をしっかり作らないと、ビジネスに繋がらない。
■子供に対して何を伝えるかが大事。物語とは人間ドラマ。
■映画とは動く絵の事(2D・3D・実写)全て
■大衆娯楽=アニメ=芸能
■業界や大人は何故、アニメと映画をわけたがるのか
■作画技術(アニメやCG)だけでは10年後生きていけない。
  10年後でも見てもらえる作品作りの技術が必要(芸能)
■ニュータイプとは、人をキチンと理解し合える存在
■人が狂えは人をも殺す結果になるので、それを阻止していたのは
  昔は・・・お茶や能、日本庭園等の美や、しきたり。
  今は・・・萌え・オタク等 美を追求していると平和である。

というような内容でした。
え!と思う内容もあるかもしれませんが、お話を全部聞いていると
なるほどと思う事ばかりでした。

内容まで全部書いていたら大変なので気になった人は
言ってください。説明しますので(笑)

<PS>
 大学生が運営を全てやっていたので、凄いなーと感心しました。

<PS2>
 11日はガンダムSEEDの福田監督とラクス・クラインが
 大阪アニメーション専門学校に来てました。
 行きたかったのに、高校生限定でした(^_^;)

|

« 大阪モーターショー見学 | トップページ | ラクジン会社説明会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184081/11107985

この記事へのトラックバック一覧です: 甲南大学現代講座を受けてきました。:

« 大阪モーターショー見学 | トップページ | ラクジン会社説明会 »